ミュウのシエンタライフのはじまり


by myuupapa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

お別れ・・・

昨日、嫁さんと宝塚に泣きながら行ってきました。
朝から結構な雨で本当に無念なレディの涙雨なのかなって。
家を出てすぐはいつもの散歩コースが有り、もうレディとは
歩くことが出来ないんだなって。
車に乗ってこの前のGWも走った事を思い出し、いつも
助手席で外を歩く人や子供を見ては煩く吠えてた愛犬は
もう居ないんだなって・・・
中国自動車道にのると直ぐに宝塚についた。霊園までは
もう直ぐだった。出るは溜息ばかり。エ!なんで?
なんでうちのレディを連れてここに来ないといけないんだ?
今でもその思い。
昨日は霊園も静かだった。前に一組居てただけだった。
説明を聞く嫁さんの脇で寂しく箱に入れられたレディを見て
触って涙した。
やがてお経をあげてもらうため堂に入った。お経を唱えられてる
間・・・その中で自分の愛犬の名前も唱えられた。
ここでも何で?何でレディの名がこんなところで?って。
涙が止らない。
お経が終わり火葬の方に嫁さんと向かう。個別火葬も考えたが
個別は寂しいだろうと共同墓地の方に入れてもらうようにした。
だからレディとはここで最後のお別れとなった。・・・・・
他の動物たちと仲良くするんだよ。寂しくなったらいつでも
帰っておいでね。と言ってあげた。今度生まれ変わってくる時は
もっと長生きできるようにするんだよって。
13日の晩、レディは立って迎えてくれた。この同じ時間の翌日には
自宅に変わり果てた姿になって帰ってたレディ。
そして・・・翌朝には別れ。あまりにも急すぎて、急すぎて。
4日の晩に吐いてぐったりしてから翌日入院、その晩に手術。
レディは4日から好きなものも食べれず死んでしまった。
あんなに食べ物に執着心の有ったレディ。食べる時にはいつも
私の横ですじっと私の箸の先を見つめ欲しがってたレディ。
仕事から帰ったら自転車の音で吠え、ドアを開けると穴の開いたドアの
間口からちょこんと顔をだして、おしっこ・・・鳴くレディ。
私がご飯が終わり、寝る前に散歩の前や立ったりする前にちょこんと
私の前に来て何かを訴えるレディ。たまに見せる名前を読んだ時に
悩ましげに首をかしげるレディ。もう数知れないレディの姿が走馬灯の
ように駆け巡る。
週末の朝は決まって朝一番に顔を見た家族におしっこ・・・っと鳴く
レディ。そんなレディはもう居ない。帰ってこない・・・脱力感が襲う。
しかし、いつまででも泣かないでとレディが言ってるよう。
レディの為にも明るい家族に戻ってあげないといけないなと。自分に
言い聞かせてる。
なかなか平常にはもどれないけど徐々に戻れるようにせねばなと・・・
一日のリズムがレディで回ってたと言っても過言ではなかったので
時間はかかりそう。でも頑張らないと・・・言い聞かせながら・・・
[PR]
by myuupapa | 2006-06-16 21:44 | 日記