ミュウのシエンタライフのはじまり


by myuupapa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

3日目・・・

いよいよ手術当日。発覚してからもう2ヶ月少し。
役所の用事を済ませ、一旦嫁さんの顔を見に行く。顔色は良かった。
前夜は初日寝れなかったのに比べ、良く寝れたようだ。
義母を連れに店まで向う。医大に戻り、術連絡を待つ。
着替えの連絡。そしていよいよ。本人より周りが緊張してたような・・・
手術室前まで付き添う。大丈夫と分かってても少し堪える。
義母と控え室で待つ。そこには多くの術後連絡待ちの家族等が居た。
え!こんなに。。。手術を受ける人ってこんなにいるんだなと。
次々と前に居た家族等が呼ばれていった。
術時間、3時間の予定に対し1時間半ほど経った。あと半分くらいか・・・と
目を閉じてた。そこへ名前が呼ばれた。電話元に向う。電話は2台あって
緊張の余りか取り間違える。手術終わりの連絡を受け、説明室へと移動。
担当医より詳しい説明を受ける。恐れていた局面は免れていた。
2人とも安堵。。。避けたいと思ってた薬の治療も免れそう。良かった。
最新医療を受けた結果、退院も早まりそうだ。
詳しくは又、術後の経過次第という事に。
摘出されたものを見せてくれた。想像していたものより大きく取り除かれていた。
そのものも大きく感じた。不思議な瞬間であった。
嫁さんの希望通り、画像におさめる。
麻酔が切れるまで40分ほどかかるという事で一旦、義母と部屋近くまで戻る。
後、ナースセンター側の観察室に翌朝までということで、そこに移動。
時間の経過と共に本人の意識ははっきりしてくる。皆で喜んだ。
よかったな、よかったなと。術疲れ、話し着かれたのか数時間が経ち、眠く
なったようなので、今日のところは帰る事にする。
途中、修学旅行中の娘とも連絡が取れ、元気な様子を嫁さんにも伝えれた。
本当に良かった。良く頑張ったね。もうすぐ家に帰れるから、もう少し頑張れと・・・

フィーの方は先ほどおむつ替え、カバー装着も完了。おしっこ、う○ちもしてた。
う○ちは小さいのが5個ほどかな。。。いずれも良好。
替えてる最中、逃げる事はないので手を持ち替えながらでも、鳴き声とコミュ取って
出来るように。でも未だ信用はないんやろね・・・やはり嫁さんでないとあかんわ。
[PR]
by myuupapa | 2008-02-16 03:04 | 日記